沿革

 

1896年 明治29年4月 愛媛県尋常中学東予分校として開校する。

1899年 明治32年4月 東予分校が独立し、愛媛県西条中学校となる。

1902年 明治35年4月 愛媛県西条中学校を、愛媛県立西条中学校と改称する。

1907年 明治40年4月 組合立西条実業女学校を開校する。

1908年 明治41年4月 組合立西条実業女学校を、新居郡立実業高等女学校と改称する。

1909年 明治42年4月 新居郡立実業高等女学校を、新居郡立高等女学校と改称する。

 

1919年 大正8年4月 新居郡立高等女学校に実科を加設する。

1922年 大正11年4月  新居郡立高等女学校を、愛媛県立西条高等女学校と改称する。

1924年 大正13年9月 付設夜間中学を開校する。

 

1948年 昭和23年4月 学制改革により、愛媛県立西条中学校が、愛媛県立西条第一高等学校となる。また愛媛県立西条高等女学校が、愛媛県立西条第二高等学校となる。

1948年 昭和23年10月 愛媛県立西条第一高等学校に、定時制課程を併設する。

1949年 昭和24年9月 高等学校再編成により、西条第二高等学校を統合し、愛媛県立西条北高等学校となる。定時制課程を、西条北高等学校に移転する。

1950年 昭和25年4月 通学区制を実施し、男女共学となる。商業科を設置する。

1955年 昭和30年4月 愛媛県立西条北高等学校を、愛媛県立西条高等学校と改称し、愛媛県立西条南高等学校を統合する。

1968年 昭和43年4月 理数科を設置する。

1972年 昭和47年4月 衛生看護科を設置する。

 

2004年 平成16年3月 衛生看護科が閉科となる。

2016年 平成28年4月 理数科を国際文理科に改編する。