校章

 

 明治29年に本校が県立尋常中学東予分校として発足した時に、松山中学(現在の松山東高校)から転任して来た図画教師の高瀬半哉先生が創案した校章が、今も使用されているのである。

 中学創立以来の校章を幾度かの学制改革にもめげずにそのまま途切れることなく守り抜いている高校は県下唯1校のみである。

 

 

 この図案は「中」を幾何図式で作図しているが、一見しておそらく、星の輝きをも形象化したものと直感される。伸びゆく若人に、星の如く、思念深く、慈愛深く、高く、清らに、永遠に輝けとの祈りが込められていると推察される。

 

 図形は非常にすぐれていて、旧制中学時代に全国校章コンクールで1位になったという話も伝えられている。 

 ちなみに、高瀬先生は、夏目漱石の小説『坊っちゃん』に登場する「野だいこ」のモデルだと言われている。(漱石の松山中学の在任は、明治28年4月から翌年の4月まで、29~30歳の時である。)