校歌

kouka
 

作詞作曲とも東京音楽学校(芸術大学)の教授に依頼した。高野辰之(876-1948)は国文学者で日本の歌謡史・演劇史などの研究で名高い。小学校唱歌の作詞委員もつとめた。「春が来た」「日の丸の旗」「おぼろ月夜」「春の小川」 「故郷」「おおひばり(メンデルスゾーン曲)」などの作詞がある。

信時潔(1887-1965)は山田耕作らとともに業績を 残し、日本に西洋音階による芸術歌曲を確立したひとりである。その古典的で力強い曲は愛され続けている。 交声曲「海道東征」「いろはうた」歌曲集「沙羅」歌曲「海行かば」ピアノ曲「木の葉集」などがある。

文化功労賞受賞。

 

 

校章

emblem

 

 

 

 

 明治29年に本校が県立尋常中学東予分校として発足した時に、松山中学(今の松山東高校)から転任して来た図画教師の高瀬半哉先生が創案した校章が、今も使用されているのである。

 中学創立以来の校章を幾度かの学制改革にもめげずにそのまま途切れることなく守り抜いている高校は県下唯1校のみである。

 

 

 

 

 この図案は「中」を幾何図式で作図しているが、一見しておそらく、星の輝きをも形象化したものと直感される。伸びゆく若人に、星の如く、思念深く、慈愛深く、高く、清らに、永遠に輝けとの祈りが込められていると推察される。

 

 

 

 

 図形は非常にすぐれていて、旧制中学時代に全国校章コンクールで1位になったという話も伝えられている。

ちなみに、高瀬先生は、夏目漱石の「坊ちゃん」の中の人物『のだいこ』のモデルだと言われている。(漱石の松山中学の在任は、明治28年4月から翌年の4月まで、29〜30歳の時である。)

 

 

 

 


前のページ
◆ 教育目標
コンテンツのトップ 次のページ
◆ 生徒数
所在地
〒793-8509
愛媛県西条市明屋敷234番地
   全日制 TEL 0897-56-2030
              FAX 0897-56-2059
   定時制 TEL 0897-55-9753
   地図はこちらから
今日の西条高校
    
     SSH点描banner
    
    
Link
アクセスカウンタ
今日 : 426426426
昨日 : 1107110711071107
総計 : 1774322177432217743221774322177432217743221774322